デジタルサイネージは屋外用と屋内用がある|2つの違いを解説

今回のコラムでは、デジタルサイネージには屋外用と屋内用があることについて解説します。デジタルサイネージは、「屋外対応」と記載があるものとないものがあるのです。屋外用のデジタルサイネージと屋内用のデジタルサイネージでは、どのような違いがあるのでしょうか?主に設置環境が厳しい屋外用に焦点を当てて解説していきますので、...

デジタルサイネージの仕組み まとめ

今回のコラムでは、「デジタルサイネージの構造」「デジタルサイネージの配信方法」について紹介しました。デジタルサイネージは、一見テレビのように見えるかもしれませんが構造は全く異なるものです。また、デジタルサイネージの配信方法が2種類ありますので、それぞれのメリット・デメリットを知ることで、用途によって使い分けをしま...

配信のしくみ 2

①画像や動画コンテンツを作成し、USB・SDカードなどにデータを移す②USB・SDカードなどをデジタルサイネージディスプレイに接続③コンテンツがデジタルサイネージディスプレイに再生されるメリットクラウド型はインターネットの費用がかかりますが、スタンドアローン型はインターネット接続が必要ないため費用を抑えることがで...

配信のしくみ

①コンテンツを作成し、インターネットサーバーにアップロード②インターネットサーバーで情報発信・更新・予約などを設定③デジタルサイネージディスプレイに、インターネット接続したSTBをつなぐ※STBとは、ディスプレイやテレビ、デジタルサイネージなどの画面表示装置に接続し表示すべき映像信号を送り出す働きをする機器の総称...

デジタルサイネージの配信方法

デジタルサイネージの配信方法は、大きくわけると2種類あります。①クラウド(ネットワーク)型②スタンドアローン(オフライン)型それぞれのメリット・デメリットも含めて以下に紹介していきます。①クラウド(ネットワーク)型クラウド型は、パソコンからインターネットで配信コンテンツを作成することが可能です。よって、デジタルサ...

デジタルサイネージの構造

デジタルサイネージは、家にあるテレビと同じように見えますが全く異なるものです。デジタルサイネージの構造は4つのもので構成されています。①表示装置②コントロール部③デジタル通信部④ストレージ部以下に各構造について詳細を解説していきます。①表示装置静止画・動画のようなコンテンツを表示するディスプレイ装置です。自動販売...

デジタルサイネージの仕組みはどうなっている?

屋内や屋外にかかわらず、電子的に情報を発信するものがデジタルサイネージです。施設内の案内や駅構内の情報表示、商品の広告など、様々な用途があるのが特徴といえます。映像と音声を流すので従来の看板よりもインパクトがあり、通行人など消費者がつい見てしまうほどの迫力があります。今回のコラムでは、デジタルサイネージの構造・配...

駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告 まとめ

今回のコラムでは、「駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告」「どんなデジタルサイネージ広告が効果を発揮するか」「電車内のデジタルサイネージ広告はつい見てしまう」「デジタルサイネージを設置するには法的規制がある」について紹介しました。動画広告に切り替えることにより、これだけの効果を得ることができるなら、企業...

デジタルサイネージを設置するには法的規制がある

デジタルサイネージを設置するには、屋外の場合は各地域が行政で定めている条例に則っての設置を検討する必要があります。つまり、デジタルサイネージ設置には、目的・ロケーション・条例を考慮して仕様を決めなければいけないのです。確認せずデジタルサイネージの設置を行うと、規則違反になり罰金が課される場合がありますので、設置確...

電車内のデジタルサイネージ広告はつい見てしまう

駅の広告も効果的ですが、電車内の動画による広告にも注目してみるといいでしょう。電車内では、スマートフォンを見る、本を読む方が多いですが、少しぼんやりしたいという瞬間に外の景色を眺めるのと同様、広告を見ることがあると思います。少しの間でも目を向けてもらえた広告が動画なら、なおさら数秒間眺めてしまうので、消費者にはな...

どんなデジタルサイネージ広告が効果を発揮する?

企業のプロモーションに欠かせない広告ですが、やはり最大のメリットは動画であるという点です。静止画も見やすいという点では同様ですが、テレビやインターネットの動画視聴と同じように、動画はつい眺めてしまうという利点があります。デジタルサイネージ広告を導入したいと検討の企業様は、広告制作の専門会社がおすすめです。限られた...

駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告 4

④公共交通機関だから信頼できるインターネット上でも広告をよく見掛けると思いますが、駅の広告の方が受け手は先入観なく受け取ることができます。なぜかというと、インターネット上の広告は利用している方の検索情報を元に、その方が望む広告を表示してくれます。しかし、ときによっては、検索の邪魔になることもあり、嫌な気分になるこ...

駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告 3

③繰り返し目にすることで訴求力が高まる通勤・通学時など、毎日同じ駅や路線を利用する方が多いでしょう。掲出している広告を毎日目にすることで、記憶しようと思わなくても商品・サービスのことが頭に残り、親近感を持つようになります。繰り返し同じ広告を見掛けることで、顧客のニーズに潜在的に働きかけることができるのが、駅にある...

駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告 2

②駅ごとで多様なPRができるビジネスマンが多い、若者で賑わうなど、駅には利用する方の特徴があります。時間帯によっても駅に集まる方のタイプは異なり、傾向を見れば分析することが可能です。ターゲットがどのようなタイプで、どんな時間に駅を利用するかが分かれば、デジタルサイネージ広告にターゲットのニーズに合わせた内容の広告...

駅では主流になりつつあるデジタルサイネージ広告

駅で動画広告をよく見掛けると思いますが、やはりそこには大きな効果が期待できるという理由があるからです。それでは以下に、駅にデジタルサイネージ広告を出す必要性について紹介していきます。①人が集まる場所なので広告が効果的駅はたくさんの乗降客が利用し、その目的は様々です。通勤・通学、休日には駅直結のショッピングモールを...

なぜ駅では動画広告を流しているの? デジタルサイネージが今後の主流に!!

最近、駅で動画広告をよく見掛けませんか?動画広告はデジタルサイネージと呼ばれ、様々な場所に設置されています。日常でよく目にするデジタルサイネージ広告ですが、ポスター・看板などの従来型の広告との違いは何で、どうして「広告」が動画に変わってきているのでしょう。「広告」は消費者のニーズを汲み取って、企業がプロモーション...

デジタルサイネージ広告の効果 まとめ

今回のコラムでは、「デジタルサイネージ広告を活用するメリット」「デジタルサイネージ広告はどんな効果が期待できるか」について、解説しました。上記のメリットや効果はたくさんの企業にとって、広告宣伝の際の課題でもあるかと思います。該当する悩みが1つでもあれば、デジタルサイネージ広告導入の検討をしてみてもいいかもしれませ...

デジタルサイネージ広告の効果 ③ 人員コストの軽減が可能

デジタルサイネージ広告は、デザインから出稿までデータ上で行うことができるので、従来型の広告のように、看板の製作・施工の工程を省くことができます。広告制作の工程が増えると、その分チェックする工程も増加するため、どうしても人員コストがかかってしまいます。しかし、デジタルサイネージ広告では不必要になる工程が多いため、人...

デジタルサイネージ広告の効果 ② 購買意欲を高め誘導できる

素早いPRを可能にするデジタルサイネージ広告は、キャンペーンやセールをいち早く告知できますので、店舗や施設などの誘導への効果が期待できます。動画で商品やサービスの内容を詳細に伝えることが可能なため、従来型の広告と比較して購買意欲を高める効果もあるのです。 

デジタルサイネージ広告の効果 ① 他社との差別化・認知度アップを可能にする

デジタルサイネージ広告は多数の方に訴求できることが魅力です。多数の方にアプローチできるということは、企業の認知度アップを期待できますし、サービスや商品を多くの情報量からアピールできますので、他社との差別化も図りやすいでしょう。多くの消費者に強い印象を残すことができるので、他社との差別化や認知度アップに効果が期待で...

PAGE TOP