たとえば「主婦の心を掴む」なら。 どこにどんな看板を出す?

実は、絶対的な正解は無いんです。でも、もしあなたが「自分だったらこうしてみたいな」と考えたなら。
きっとこの仕事がピッタリだと思いますよ。

ちなみに私たちは「地元の主婦がよく使う “抜け道” 」に注目。「渋滞を避けてこの道を通る主婦が多い。周囲に看板も少ないから見られやすいはず」と狙いを定め、「印象に残るように」とイラスト多めのデザインをご提案する…というわけですね。




 
大事なのは情報収集です。交通量や人の動き、最近のトレンドを知れば知るほど、効果的な看板を提案できるようになるでしょう。お客様から「看板を見てきてくれる人が増えたよ」なんて喜ばれた日には、心の中で「よっしゃ!」という気持ちです。

先輩たちから考え方を教えるので、入社前から広告に詳しい必要はありません。「屋外広告士」「色彩検定」などの資格取得も支援しています。あなたの工夫とアイデアが看板として形になり、道ゆく人の心を掴む。そんな毎日をはじめてみませんか。




 

広告やデザインなどに関心がある
 

世の中の動きやトレンドには詳しい
 
 
「もっと良くできないか?」
と考えるのが好き
 

お客様に喜んでもらえると
自分も嬉しくなる
 

活躍しているのは、自分から「なぜこうなるのだろう?」「もっと〇〇してみよう?」と考えてワクワクできるタイプ。“自分は近いかも!” と感じた方にオススメの仕事です。

 
 
 
 
 

PAGE TOP