デジタルサイネージの配信方法

デジタルサイネージの配信方法は、大きくわけると2種類あります。

①クラウド(ネットワーク)型
②スタンドアローン(オフライン)型

それぞれのメリット・デメリットも含めて以下に紹介していきます。

①クラウド(ネットワーク)型
クラウド型は、パソコンからインターネットで配信コンテンツを作成することが可能です。

よって、デジタルサイネージの掲出内容を手元で簡単に変更することができます。
※サービスにより多少違いがあります

また、インターネットで配信の設定ができるので、
遠い場所にあるデジタルサイネージにも作成したコンテンツを配信できるのです。

現地に人員を割く必要がないため人件費削減につながり、
インターネット回線の費用のみで済むところも利点でしょう。

天気予報やニュースなどの外部コンテンツの配信もできるので、
配信できるバリエーションが広がります。

スタンドアローン型に比べて高機能となるため、
規模が大きい施設などに向いているといえるでしょう。

 

PAGE TOP